【70代 女性 Hさん】 白内障

70代 女性 Hさん

症状:眼のかすみ感、羞明感あり
病歴:脳梗塞による身体の麻痺

【白内障のPOINT】
白内障の方は、光のダメージや加齢により、酸化を起こすことで水晶体が白濁していきます。そのため、基本的には手術が1番です。しかし手術に迷っている間や、後発白内障の予防には、光のダメージを吸収してくれる栄養素、ルティンや、抗酸化作用の強いゼアキサンチンを含む緑黄色野菜、アスタキサンチンを含む食材を積極的に取り入れて、光老化から守る食事を続ける必要があります。

ご相談内容

脳梗塞で身体が不自由のため、なかなか病院通いもできずにいたが、10年ぶりに眼科受診したところ、白内障の手術を勧められた。しかし、手術は怖いので保留にしたいと言うと、眼鏡や食生活改善を勧められたが、食生活をどの様に改善したら良いかわからないとご本人より、依頼がありました。

これまでの食生活及び生活習慣

普段のお食事は、ネットスーパーを利用している。

具体的な食事内容は、
・朝:菓子パン
・昼:お弁当
・夜:お惣菜
お菓子等の間食も多いとのこと。
以前は、脂ものが好きで良く食べていたが 脳梗塞になってから気をつけているとのお話しでした。

ご提案内容

  1. 眼や身体に良くない酸化、糖化する食材の排除
  2. 眼や身体に良い抗酸化力の高い、抗糖化力の高い食材を取り入れる
  3. 調理の仕方
  4. 食べる順番
  5. 眼の疲労を減らすポイント

この5つにポイントを絞り内容を具体的にお伝えしました。
身体を炎症に傾ける菓子パンやお弁当やお惣菜は極力控えて頂き、代わりにリハビリにもなるため、自炊をお勧めしました。
娘さんにも協力して頂き 作り置きの味噌汁とネットスーパーで取り寄せた刺身やほうれん草(自炊)等で、ネットスーパーを活用しながら簡単なメニューをご提案しました。

  • 季節の皮付きのフルーツ
    (足りない時は、片手分のナッツ)
  • 納豆、もずく、切り昆布のお惣菜
  • 金時豆と干しエビ入りの若玄米
  • 汁物
  • ほうれん草の胡麻和え
  • 切り干し大根の納豆混ぜ
  • 刺身(出来れば天然物)
  • 汁物
  • 金時豆と干しエビ入りの若玄米

ご感想

1カ月に1度LINE電話で相談しながら、5カ月後には、ご本人も意欲的になり日帰り手術を受ける事を決断、羞明感を改善させる眼内レンズを入れることで、外出できるようになりました。